デザインするときに大切なこと


白いキャンバスにデザインするように

デザインをするときは、おおまかなスケジュールがあります。いつまでに公開したいかお客様の要望があって、制作の期間がある程度必要なので、そこからスケジュールを作成します。

前半はクリエイティブ、創造的な期間となり、後半は実際の制作、テクニカル、機能的なことがメインになる期間です。

私が一番重点を置きたいのは、この前半です。まず、お客様とのインタビューをして、ご要望やリクエスト、ほしい機能、どんなウェブサイトにしたいかその思いをお聞きします。これは本当に重要なことです。この時、理解が深ければ、深いほど、またご要望や、目的、意図、希望がクリアであればあるほど、制作に入っていきやすいからです。

ウェブデザインはデザイナーである私一人のアートではないので、お客様を理解することなしではデザインはスタートできません。

このインタビューをもとに、構成案を考えます。

構成案というのは、どんなページ構成で、それぞれのページがどんな機能を持っているかです。これらを整理します。こんな感じです。

このひとつひとつの箱に、HOME, Abtou US, カタログ, 製品1, 製品2, お問い合せ, Blog 等々

整理していきます。

ウェブデザイン構成

この構成案が決まったら、デザインする作業に入ります。

デザインするといっても、最初は本当に、テンプレートを見てみたり、他の同じジャンルのウェブサイトを見てみたり、雑誌を見たり、いろんなものを参考にしながら、今回は、このお客様には、こんな雰囲気のウェブサイトがいいのでは?というものが浮かんでくるまでは、いろいろ創造の羽を広げて思索の時です。

そこからいくつか案としてご提案します。お客様がどのご提案がお好きか、また、もうちょっとこんな感じがいいなどご要望も聞きながら、一緒にメインとなるデザインアイデアを作り上げます。

ここまでが、ウェブデザインをするうえで、一番重要でないかと私は思います。

どんなウェブサイトが作成したいか、目的や意図がクリアであること。どんなページが必要で

それぞれのページにはどんな機能がなければならないかがクリアであること。その上で、デザインとして面白いもの、見やすいもの、お客様の好みや雰囲気にあったもの等のデザインのアイデアがプラスされていくのです。

ですから、私はここまでのプロセスをしっかり時間をとって行います。

これはウェブデザインに限らず、どんな作業のプロセスにもいえるのではないかと思います。

例えばお客様がいらっしゃるお食事会のためのお料理を考えるなら、まず、どんなパーティーで、何人ぐらいの人が来て、どんな人達が来るのか、その食事会の目的や、意図等がわかったら、お料理の構成を考えると思います。前菜、メイン、デザート等々。どんな材料を使ったお料理にしようか、詳細を考えます。

そして、お料理の盛り付けや、テーブルクロスを選んだり、盛り付ける食器を選んだり、どんな風に見えるかに気を配ります。

前菜、メイン、デザートはそれぞれ単品で考えるのではなく、コースとして、美味しく食べられるようハーモニーがあると思います。それが、ウェブデザインで、それぞれのページはハーモニーを持ったデザインであるということだと思うのです。

これらのプロセスは大変なように見えるけれど、楽しいことです。ですから、楽しみながら構成を考えたり、どんな機能を盛り込もうか考えたり、またデザインを考えたりしたい。これらのプロセスをお客様と一緒に楽しんでウェブ制作をしていきたいと思います。

真っ白なカンバスが与えられて、好きな絵が描けるのですから!


Featured Posts
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
Recent Posts