SEO対策〜リンク対策〜


SEOには外部対策と、内部対策があります。

キーワード対策というのは、ウェブサイトの中でやることです。ですから自分で能動的にできることです。これを内部対策といいます。

そしてウェブサイトの外部対策として被リンク対策というものがあります。

被リンクとは、誰かがこのウェブサイトはためになると思い、リンクを貼ってくれるということですから、ウェブサイトの評価をGoogleがはかる要素になります。

そのリンクの中でも、Google で評価の高いウェブサイトからのリンクはとりわけ効果があります。

また自然発生的に、できたオーガーニックリンクはとても効果があります。

そんなリンクを作るにはどうすればいいでしょうか?

ナチュラルリンクを獲得するにはユーザーに支持されるコンテンツ作りに注力することが、絶対であり普遍的なSEO対策です。

ユーザーが見て、そのウェブサイトがいいと判断するからリンクを貼ってくれるのです。そのためには見る人の評価を上げることです。

それには、コツコツ努力して、よい記事、コンテンツを増やし続けていくうちに多くの人から評価されるようになるということです。

なかには、内容に関連のないサイト、質、評価の低いサイトとのリンク、お金を払って買うリンク対策をする業者等もあるようですが逆にランクを下げることになることもあるので危険です。

私はウェブサイトを作り始めたときから、コンテンツの重要性をひしひしと感じていました。例えば、学校のウェブサイトを作るのであれば、コース内容や学校の特徴だけでなく、体験レポートや、生徒の口コミ、感想、先生のブログ等を書くことを勧めます。

なかなか手間のかかることですし、忙しい中にそれを書く手間がめんどうだと思われることもあるのですが、それはSEO対策に一番効果があって大切だということを理解されていないからです。本当にウェブサイトの評価を上げたいと思うなら、やはり、コツコツと記事を書くブログを書く、コンテンツを蓄積することが遠いようでいて、近道なのです。小手先のことでは、簡単にウェブランキングが上がるということはないと思ったほうがいいです。

またコンテンツを書くということは、自分やビジネスを理解してもらうチャンスでもあります。

何かを本当にいいと思ってもらうためには、努力をして、様々な方法で一生懸命に説明すると思います。例えば、営業をする場合もそうです。一生懸命に口頭でも資料を見せてでも説明すると思います。ウェブサイトは営業マンと同じですからいろんな手段で、そのよさを説明するということが、ウェブサイトを作る意味だと思うので、手間をおしまず、継続的にコンテンツを書き続けていただきたいと思います。

ただ、仕事で取引がある会社や、関係者にお願いしてリンクを貼っていただくとか、関係サイトをリストにして掲載しているウェブサイトの管理者に連絡をして掲載してもらうとか、自分でコンテンツを書く以外にも努力でできることもありますから、リンクを貼っていただく信頼できる方を探すことも一つの方法です。

ウェブサイトはお客様ひとりひとりのもので、ウェブデザイナーがデザインした後完成と思わず、継続的に育て成長させていくものだと思い、心を込めて、自分の分身と思い、育てていただきたい。

そのために、コンテンツを増やしたら、どうやってアップデートするのか、その方法をお教えてして、自分で育てられるように、できるだけお手伝いしたいと思いっています。


Featured Posts
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
Recent Posts