SEO対策-3 Googleはどうやって評価するの?

では、少し具体的にSEO対策を見ていきたいと思います。

SEO対策には、内部対策と外部対策と大きく二つがあると言われています。

内部対策の主なものは、ウェブサイトの中の、タイトルや、文章の中にあるキーワードです。このキーワード選びがとても重要です。時間をかけて、どんなキーワードで、このウェブサイトが紹介するサービスや製品を検索されるのかを分析して、ウェブサイトの中でキーワードとして、その言葉を使います。

この分析方法はいろいろありますので、後ほどご紹介します。

それから、コンテンツも重要です。コンテンツというのは、ウェブサイトの中身です。ブログなら、どんな記事を書くのか。又、例えば私が作った、学校のウェブサイトなら、コース紹介、学校の特徴、授業料、生徒の口コミ、受業体験レポート、ブログ等がコンテンツです。ウェブを訪れた人が興味を持ってくれるような内容でなければなりません。興味深いコンテンツや、学校を探している人に有益な情報であれば、自ずとリピーターにってくれたり、滞在時間も増えます。そういうことをGoogleは分析し優良サイトだと評価するのです。

これは顧客を獲得するにも、訪れる人を増やすにも重要な、中身ということなので、SEO対策だからというわけではなく、ウェブサイトを作るなら、力を注ぐべきことです。

私はウェブサイトを作るときに、ここを一番重視しています。ウェブサイトを通じて何を表現したいのか、何を伝えたいのか、じゃあどうやって伝えるのか、これはデザインとセットで同時進行で考えるべきことです。こんなコンテンツを書きたいから、じゃあデザインはどうするか?ということです。

外部対策というのは、ウェブサイトを作ったら、どんなところとリンクが貼られているのかを

Googleが見るということです。この被リンクということは、対策方法はいくつかあると思いますが、私は無理やり被リンクを作るというようなことはしていません。ただ、学校のウェブサイトであれば、関連する他の学校と提携して、記事を掲載していただいたりという有益な被リンクを作ることをしています。

以上が、SEOの内部対策、外部対策の基本的なことです。

続けて次回より、もう少し具体的にその方法等お話したいと思います。


Featured Posts
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
Recent Posts